超音波離床検知システム

このような介護スタッフや家族の悩みを解決!

超音波離床検知システムとは

  • 「超音波」で「動き」を検知するセンサーです。
  • 離床や離室・徘徊などの行動をお知らせします。
  • コンパクトなセンサー本体で、さりげなく隠して設置が可能です。
  • 受信機は置型と携帯型の2種併用が可能です。

仕組み

通信方法

「無線通信」+「コンセント間通信」のハイブリッド通信方式を採用

コンセントと無線、環境に合わせて繋がりやすい方を自動で選択して通信します。CAREai独自の通信方法だからお手軽に設置が可能です。

ペンダントの通信

持ち運びができる「ペンダント」は置型受信機の親機から見通し100m受信します。

機能

親機

離床履歴

センサーごとに100件まで記録

稼働時間

タイマー設定で、センサーを自動ON・OFF

メロディ

センサーごとに12曲から選択可能

分布

反応頻度を時間帯ごとに見える化

ペンダント

スタッフ連携

ペンダント複数使用時、かけつけの鉢合わせを防ぎます

  • デモ機貸出申し込み
  • カタログダウンロード
  • お問い合わせ
  • 超音波離床検知システムとは
  • 特長
  • 仕様
  • 料金
  • 動画で見る使い方