お客様の声

  • ライトシリーズ
  • 起き上がりセンサー
  • 超音波離床検知システム
  • ナースコール連動型超音波センサー
  • コンセントコール
  • 動画で見る使い方
  • お客様の声
サポートメニュー
  • 各種資料ダウンロード
  • デモ機貸出申込み
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 特記事項・免責事項
ハカルプラス株式会社(Hakaru+)

離床履歴の見える化でヒヤリハットを低減する

横浜市にある特別養護老人ホームに、「起き上がりセンサー」を使用した離床検知システムを導入しました。

お客様が抱えておられた問題・課題

ショートステイで入居される対象者様は、その生活リズムや動きの特徴を把握出来ていないので、ヒヤリハットの場面が多い。転倒事故が起きる前に離床を検知して予防したい。

当社の提案

センサーは早いタイミングで対象者様に駆けつける為に、ベッド上で上半身の起き上がりを検知する「起き上がりセンサー」を提案。弊社の離床検知システムは受信機で離床履歴(100件)と1時間毎の離床分布が見れるので、対象者様毎の行動パターンが把握出来ます。この機能を使うことで「先読み介護」「転倒事故予防」となる提案をしました。

導入製品

お客様の声

ショートステイの対象者様の特徴は、ケアマネージャーさんやご家族の方から入居される際にお聞きしてますが、食い違うことも少なくありませんでした。「CAREai離床検知システム」の導入で離床履歴や離床分布が数字で見える化出来たので、「先読み介護」を行える様になりヒヤリハットを減らせました。対象者様がベッドから降りる前に駆けつけられるので、ベッド下用の離床センサーではなく「起き上がりセンサー」を選択した事も正解でした。

お問い合わせ窓口

▲ページのトップに戻る