お客様の声

  • ライトシリーズ
  • 起き上がりセンサー
  • 超音波離床検知システム
  • ナースコール連動型超音波センサー
  • コンセントコール
  • 動画で見る使い方
  • お客様の声
サポートメニュー
  • 各種資料ダウンロード
  • デモ機貸出申込み
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 特記事項・免責事項
ハカルプラス株式会社(Hakaru+)

背中に敷いても対象者に気付かれない起上がりセンサー

大阪府寝屋川市にある特別養護老人ホーム様にCAREai「起上がりセンサー」を導入しました。

お客様が抱えておられた問題・課題

転倒リスクがある対象者にベッド下に敷いて使う足元マットを使用していたが、それでは検知タイミングが遅く居室に行くと既に歩き出している状況であった。対策として昔からある背中に敷くタイプの起上がりセンサーを導入してみたが、今度は対象者が寝た際の違和感を気にされる状況になり、その際の体動で誤検知が多数発生しスタッフの負担が増えてしまっていた。

当社の提案

薄くて柔らかい素材を使用しているCAREai「起上がりセンサー」を提案しました。対象者の寝る体勢や寝返りによる加重の偏りが発生してもマット自体が柔らかく体の形状に合わせて曲がるので、これまで感じていた違和感を解消することが出来ます。この「起上がりセンサー」は弊社独自の計測技術で誤検知を最小限に止めている為、スタッフの無駄な駆けつけも解消する事ができます。

導入製品

お客様の声

足元のマットセンサーでは駆けつけが遅くなる、昔からあるベッド上で使う起上がりセンサーに変えたら、今度は誤検知によるスタッフの負担が増えるなど、なかなか良いものが見つからず苦労していました。今回導入したCAREai「起上がりセンサー」はその素材の柔らかさから対象者に負担を与える事もないし、検知から約1秒で通報されるので介助に十分間に合う事も出来るので、大変満足しています。普段使用しているナースコールのPHSに離床を通報できる機能も、スタッフが持つ端末が増えないのでいいですね。

お問い合わせ窓口

▲ページのトップに戻る