お客様の声

  • ライトシリーズ
  • 起き上がりセンサー
  • 超音波離床検知システム
  • ナースコール連動型超音波センサー
  • コンセントコール
  • 動画で見る使い方
  • お客様の声
サポートメニュー
  • 各種資料ダウンロード
  • デモ機貸出申込み
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 特記事項・免責事項
ハカルプラス株式会社(Hakaru+)

誤検知が少なくて、介助に間に合う離床センサーが欲しい

岐阜県可児市にある住宅型老人ホーム(全27床)にナースコールに連動して使える「起上がりセンサー」を導入しました。

お客様が抱えておられた問題・課題

これまで転倒事故防止の為にベッド下に敷く床マットタイプのセンサーと赤外線センサーを使っていたが、センサーが反応してからでは介助が間に合わない。また赤外線センサーは反応し過ぎによる誤検知が多くて、スタッフから不満の声が上がっていた。

当社の提案

ベッド下でセンサーを反応させるより、早いタイミングで検知して通報が可能な「起上がりセンサー」を提案して、介助が間に合うようにしました。

導入製品

  • CAREai「 起上がりセンサー」

    製品構成

    センサー  Ci-A1U4set
    送信機    Ci-S3
    分岐BOX  Ci-Bxxx
    *専用分岐BOXの型式はナースコールメーカーによって違います。

お客様の声

対象者がベッドの上で起上がり始めた時に通報を受けるので、余裕を持って駆けつけて対応できるようになった。誤検知もほとんど無くてスタッフの無駄な動きが減って効率よく仕事が出来るようになりました。センサー自体が薄くて柔らかいから対象者に気付かれない所も良いと思いました。

お問い合わせ窓口

▲ページのトップに戻る