お客様の声

  • ライトシリーズ
  • 起き上がりセンサー
  • 超音波離床検知システム
  • ナースコール連動型超音波センサー
  • コンセントコール
  • 動画で見る使い方
  • お客様の声
サポートメニュー
  • 各種資料ダウンロード
  • デモ機貸出申込み
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 特記事項・免責事項
ハカルプラス株式会社(Hakaru+)

入居者が入れ替わるたびに離床センサーを選び直す手間を省きたい。

和歌山県和歌山市にグループホーム(18床)を新設されたお客様にCAREai「超音波離床検知システム」を導入しました。

お客様が抱えておられた問題・課題

転倒事故予防の為に全ての居室にセンサーを導入する事を決めていたが、入居者が入れ替わるたびに発生する「それぞれの入居者にあったセンサーを選び直す」という手間を減らせないかと考えていた。

当社の提案

CAREai「超音波離床検知システム」で使用する超音波センサーは、1台でベッド上・ベッド下・居室入り口など3種類の検知エリアを切り替えて使えるので、検知したいタイミングや場所ごとにセンサーを変える必要がありません。設置位置と検知エリアの組み合わせで最適なタイミングで検知し通知する環境が整います。

導入製品

  • CAREai「超音波離床検知システム」

    製品構成
    受信機       Ci-M1HP  1台
    送信機       Ci-S4H   18台
    超音波センサー   Ci-U1    18台
    ペンダント     Ci-P2  3台

お客様の声

1台で様々なタイミングの検知が出来るので複数のセンサーを買い足す必要がなく、超音波センサー自体は一度設置すると触ることがないので従来のマットタイプセンサーより壊れず、コスト的にもうれしい製品だと思います。

お問い合わせ窓口

▲ページのトップに戻る