お客様の声

  • ライトシリーズ
  • 起き上がりセンサー
  • 超音波離床検知システム
  • ナースコール連動型超音波センサー
  • コンセントコール
  • 動画で見る使い方
  • お客様の声
サポートメニュー
  • 各種資料ダウンロード
  • デモ機貸出申込み
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 特記事項・免責事項
ハカルプラス株式会社(Hakaru+)

早い駆けつけで、介助遅れを軽減したい。

愛知県にある特別養護老人ホームとショートステイ併設の施設様に「CAREai起き上がりセンサー」を導入しました。

お客様が抱えておられた問題・課題

同施設様ではCAREai超音波センサーをベット下でご使用頂いていましたが、そのタイミングでの検知では動きの早い対象者への介助に遅れることがありました。より早く駆けつける為に超音波センサーのベッド上モードを使用して、起上るタイミングで検知するようベットのフットボードにセンサーを設置しましたが、対象者がセンサーを気にして触ってしまうなど思うような運用が出来ませんでした。他のメーカーのベッドに敷くタイプのセンサーを試してみましたが、寝返りで反応したり、管理する機器が増えてしまうなどまた違う問題が発生してしまいお困りでした。

当社の提案

やわらかい素材で薄さに拘って開発したCAREai起き上がりセンサーをご紹介。センサー自体が薄い為、シーツの下やベッドパッドの下に敷いてセンサーを設置しても対象者には気付かれません。上半身が起上ったタイミングで検知・通報すれば、ベッドから足を降ろしたタイミングより早く駆けつける事が出来るので、介助遅れを軽減できます。また同施設様ではCAREai離床検知システムを既に導入いただいている為、センサー部分を追加導入頂くだけで環境が整います。新たに機器の操作を覚える必要が無い為、職員さんの負担が増えることはありません。

導入製品

  • CAREai 起き上がりセンサー

    製品構成
    受信機(既に導入済み)
    送信機 Ci-S4H
    起き上がりセンサー Ci-U4
    アラームボックス Ci-A1

お客様の声

検知から通報まで上がるのが早くなった為、今までより介助に遅れるという事が減りました。
また既にCAREaiを導入していた分、センシング部分のみを追加するだけで、現状ある受信機(親機)に一括で管理ができる為、コスト面でも安く抑えることができました。

お問い合わせ窓口

▲ページのトップに戻る