お客様の声

  • ライトシリーズ
  • 起き上がりセンサー
  • 超音波離床検知システム
  • ナースコール連動型超音波センサー
  • コンセントコール
  • 動画で見る使い方
  • お客様の声
サポートメニュー
  • 各種資料ダウンロード
  • デモ機貸出申込み
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 特記事項・免責事項
ハカルプラス株式会社(Hakaru+)

見守りシステム導入でスタッフの負担軽減に!

千葉県千葉市にある社会福祉法人様2施設に見守りシステムとして「CAREai超音波センサー」と「CAREai起き上がりセンサー」を導入しました。

お客様が抱えておられた問題・課題

人の目による手厚い介護を中心として運営を行ってきたが、昨今の人手不足に伴いその継続がだんだんと困難になり、スタッフ1人あたりの業務量が増えてしまっていた。特に夜間帯は人手が足りなく、効率良く巡回し無駄な行動をなるべく抑えてスタッフの負担を軽減出来るような製品を探していた。

当社の提案

見守りシステムとして『CAREaiスタンダードシリーズつながるモデル』を提案しました。スタッフの詰所に置く受信機1台に対して最大20台迄のセンサーが接続が可能で、ペンダント型の受信端末もあり同施設のような大規模な施設様に最適です。施設内の離れた場所でも携帯するペンダントに通知があがるので、センサーに反応した時だけ駆け付ければ良い環境が整い、スタッフの業務が軽減できます。またセンサーは検知タイミングの違う『超音波センサー』と『起き上がりセンサー』の2種類から選択可能で、対象者様の動きの特性に合わせる事が出来ます。

導入製品

お客様の声

徘徊センサーや離床センサーなどの類は今まで全く使っておらず、どれを使っていいのか最初はわかりませんでした。ハカルプラスのCAREaiシリーズは対象者ひとりひとりの動きに合わせたセンサーがあり、色々な場面で使用できるので見守り業務が楽になりました。スタッフ間のペンダント同士が連携する機能もあるので対象者への駆け付けが重なる事が無く、効率良く業務が進められるようになりました。今後はロボット補助金を使ってセンサーを追加導入できるメリットもあるので、そういった制度や仕組みを上手く使いながら見守りシステムを強化していきたいと思いました。

お問い合わせ窓口

▲ページのトップに戻る