お客様の声

  • ライトシリーズ
  • 起き上がりセンサー
  • 超音波離床検知システム
  • ナースコール連動型超音波センサー
  • コンセントコール
  • 動画で見る使い方
  • お客様の声
サポートメニュー
  • 各種資料ダウンロード
  • デモ機貸出申込み
  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • 特記事項・免責事項
ハカルプラス株式会社(Hakaru+)

通信距離に自信有り!中規模施設向けのつながるモデル!!

大阪府内の住宅型有料老人ホームに「CAREaiスタンダードシリーズ つながるモデル 超音波センサー」を介護保険を利用し、レンタルしていただきました。

お客様が抱えておられた問題・課題

介護保険を使って徘徊感知機器をレンタルしようと考えられていましたが、3階建ての施設では、従来からあるレンタル品のスペックでは通信が不安定でした。3階の居室から1階のスタッフルームまで通信しないときもあり、センサーが反応してもスタッフ様は誰も気づかない事がありました。現場では定期的に居室確認をしており、スタッフ様の負担となっていました。

当社の提案

「CAREaiスタンダードシリーズ つながるモデル 超音波センサー」を提案しました。センサーが反応すれば、置き型受信機を経由してペンダントに通信する為、一般的な機器よりも通信距離が長いことが特徴です。実際に3階の居室からの離床情報を2階に設置した受信機を経由させることで、1階のスタッフルームのペンダントに安定して通信させることが出来ました。介護保険を利用しているので経済的な負担が少ない点もご家族に喜んで頂けました。

導入製品

お客様の声

一般的な従来の製品ではスタッフルーム内での通信が不安定であり、入居者が部屋内で転倒していないか不安感が付きまとうため、定期的に居室確認をしていました。CAREaiで通信問題を解消できたことで、反応したときのみ居室にかけつければ良く、業務にメリハリをつけることが出来ています。

お問い合わせ窓口

▲ページのトップに戻る