従来型マットセンサーから超音波センサーに切り替え!

高知県の介護施設にナースコール連動シリーズ「超音波センサー(無線タイプ)」を導入しました。

従来型マットセンサーから超音波センサーに切り替え!

導入製品

  • CAREaiナースコール連動シリーズ

製品構成

  • 超音波センサー: Ci-U3
  • 子機(送信機: Ci-S3
  • 分岐BOX:ナースコール型式によって種類は異なります
従来型マットセンサーから超音波センサーに切り替え!

お客様が抱えておられた問題・課題

以前から入居者の離床・徘徊を検知する為に、床に敷いて使うマットタイプのセンサーを導入していましたが、踏む事による「断線」での故障が多く、故障リスクの少ない別タイプのセンサーを検討されていました。

当社の提案

この施設ではナースコールが各部屋に設置されている環境だったので、「ナースコール連動シリーズ・超音波センサー」を提案しました。超音波センサーは、踏むと反応するマットタイプのセンサーとは異なり、対象者が触れる事がない非接触型の機器であることが最大の特徴です。一度設置が完了すれば、その後はほとんど触る事がないので、故障リスクが軽減され長くお使い頂けます。各県の自治体によって様々ですが、CAREai製品が介護ロボット補助金の対象になっている場合があります。今回は令和2年度の高知県で募集された介護ロボット補助金で対象となる事がわかった為、こちらの制度を利用してご購入頂く事も提案しました。

お客様の声

今までマットセンサーの故障に費やしていた時間の削減ができました。このたびナースコールに連動するシリーズを導入したので、普段からスタッフが使いなれたPHSに受信でき、センサーの入れ替えもスムーズに行うことができました。


page top