本館と別棟でコンセントコールと離床センサーが稼働中。

大分県佐伯市の施設様にCAREai「コンセントコール」に「超音波センサー」と「起き上がりセンサー」をセットにしてシステム導入しました。

本館と別棟でコンセントコールと離床センサーが稼働中。

導入製品

  • CAREai 簡易コールシステム「コンセントコール」

製品構成

  • 親機 Ci-M4H-P
  • 子機 Ci-S4H
  • コールスイッチ Ci-PB1
  • ペンダント Ci-P2
本館と別棟でコンセントコールと離床センサーが稼働中。

導入製品

  • 超音波センサー 及び 起き上がりセンサー

製品構成

  • 超音波センサー Ci-U1 
  • 起き上がりセンサー Ci-A1U4
本館と別棟でコンセントコールと離床センサーが稼働中。

お客様が抱えておられた問題・課題

同一敷地内で本館と別棟の建屋があり、簡易的なナースコールと離床感知機器が別システムで運用されており、業務の効率化を図る為、統一したシステムを導入したいと考えていました。

当社の提案

CAREaiスタンダードシリーズの送信機には、呼び出しスイッチと離床センサーを同時に接続できるよう2つの接続口が用意されているので、一つのシステムで運用し受信機も統一出来ます。また通信はコンセント間通信と無線のハイブリッドを採用している為、本館と別棟に分かれていても、無線の届く範囲であればシステムを分ける必要が無く運用が可能です。

お客様の声

コールスイッチと各離床機器(超音波センサー及び起き上がりセンサー)が統一システムで運用出来る事はスタッフの業務効率アップにつながっています。全スタッフが機器の特性も理解し、非常に使いやすく有り難いです。また、福祉用具販売店の営業員のフットワークも軽く、対応に大変満足しています。


page top